お電話053-582-7718
お気軽にお問い合わせください [ 受付/9:00~17:00 ]

新着情報

最新のお知らせ


2019年12月25日 : 技能実習開始

入国後、1カ月間の日本語学校(豊橋インターナショナルアカデミー)での講習が終わり、いよいよ実習先配属・技能実習開始です!

実習実施者に挨拶後、市役所・銀行での手続きを当組合にてサポート!
実習生が3年間生活するアパート周辺のスーパー、薬局など案内!
料理が好きとのことで、スーパーにて沢山の食材を購入していました!
日本語の勉強がしたいとやる気満々です!

出勤時間が5時と早い為、遅刻しないで行けるか心配しましたが、翌日担当者様に伺ったところ、始業の30分ほど前に出勤していたそうです!

実習実施者と実習生が良い関係を築いていけるよう、全力でサポートしていきます!
今後の実習生の成長が楽しみです!

2019年11月26日 : インドネシア送出し機関 来日巡回訪問


VNサポート協同組合と契約している、インドネシアの送出し機関【LPK Bangkit Indonesia(バンキット)】の
現地日本語講師が来日し、静岡県吉田町と静岡県牧之原市の実習実施者(実習生受入れ企業)を訪問しました。

面談を行い実習生の元気な姿を見て、講師の方も安心している様子でした。
実習生も久しぶりに先生と会えたので、とても嬉しそうにしており、楽しく盛り上がって話しをしていました。

バンキットでは1年に1回、1か月程度の期間で、日本全国の実習生(バンキット卒業生)と面談を行います。
来年お会いする時には、さらに成長した姿を見せられるように、組合と企業が協力して、仕事・日本語の教育を
行っていきたいです。

2019年11月18日 : 技能実習生入国

2019年11月12日に技能実習生が入国しました!ベトナムの女の子です!

約1か月は愛知県豊橋市の日本語学校(豊橋インターナショナルアカデミー)にて、
入国後講習(日本語の勉強、習慣・文化を学習)を行います。
この子はその後、静岡県焼津市にて技能実習(非加熱性水産加工食品製造業)開始!

入国後講習が終わったら、いよいよ実習先へ配属!
日本語学校から実習先近辺の宿舎への引っ越し(移動)のお手伝いはもちろんのこと、
役所での手続き・銀行口座の開設、近くのスーパーの案内など、当組合職員がしっかりサポート!
通訳も帯同するので、技能実習生も安心♪

配属後も定期的な訪問を行うので、実習先の担当者も技能実習生も、不安なことや分からないことがあれば、
いつでも相談できる体制を整えています!

当組合での技能実習生入国情報は、今後も定期的に更新していきます!

2019年6月26日 : 技能実習制度とは
制度のご説明
日本の企業などで技術、技能を身につける為に日本に来ている外国人を技能実習生(旧:研修生)と言い、この技能実習生を受入れる為の制度を外国人技能実習制度と言います。
外国人技能実習制度にはいくつかの条件がありますが、この制度を利用するメリットはたくさんあります。
ここでは受入れの条件などを詳しくご紹介していきます。
外国人技能実習生とは?
外国人技能実習制度(研修制度)とはどのような制度なのでしょう?
 外国(主に新興国)の方が日本の企業で働くことにより日本の高い技術を身につけ、その国の発展を担う人を育てる「人づくり」を目的として創設された国際協力のための制度です。
 来日して企業で働き、技術を磨く事で、日本の製品の品質管理や、製品がどのように生まれているのかを実体験として学ぶことが出来る制度で技能実習生(研修生)達とその母国にとって非常に有益な制度となっています。
 また、2010年迄は研修生と呼ばれていましたが、同年に法改正があり、「技能実習生」として新たなスタートを切りました

 そして、2017年、あらたな技能実習法が施行され、あらたな「技能実習生」として「監理団体」、「実習実施者」を監理監督する「外国人技能実習機構」が設立され、11月より新制度が開始されました


どのような資格で日本に滞在するの?
外国人の方が技能実習制度を利用し実習生として日本で働く為には、日本に中長期に滞在する為の「在留資格」である「技能実習」の許可をとる必要がございます。この在留資格の許可を取るためには、日本側の企業様、そして送出し国側の企業技能実習生候補者の情報、さらにはどのような技術を勉強するのか等、様々な情報を整理して入国管理局に申請しなければなりません。
その、複雑な申請、現地とのやりとり、そして日本語教育等を私ども協同組合が受け持つとで、企業様には実習そのものに専念していただくことが可能となる制度です。

2010年までは「研修生」「特定活動」という在留資格で日本に滞在していましたが、現在は「技能実習生(1号・2号)」となり「労働者」としての滞在が可能になっております。

どこの国から受入が可能?
組合では現在、中国、ベトナムに加えミャンマーからの受入れを開始し、各国からの受入れを行っております。また、その他の国についても、積極的に情報収集し今後対応を予定しております。


入れ可能職種・作業
74職種・133作業にも及ぶ職種・作業が受入可能対象となります。

 在留資格と滞在期間
技能実習生の在留資格は1年目は「技能実習生1号」、2年目と3年目は「技能実習生2号」として日本に滞在します。両方の期間を合わせて最長3年間日本に滞在することができます
2019年6月26日 : 技能実習制度
技能実習制度(ぎのうじっしゅうせいど)および外国人研修制度(がいこくじんけんしゅうせいど)とは、1993年(平成5年)に導入され、「技能実習」や「研修」の在留資格で日本に在留する外国人が報酬を伴う技能実習、或いは研修を行う制度である。ただ中身について、劣悪な労働環境に置かれるなど人権上の問題が指摘されている。 技能実習制度は、出入国管理及び難民認定法別表第一の二に定める「技能実習」の在留資格により日本に在留する外国人が報酬を伴う実習を行う制度である。企業等の実習実施機関が海外の現地法人、合弁企業や取引先企業の職員を受け入れて技能実習を実施する企業単独型と、商工会等の営利を目的としない監理団体が技能実習生を受け入れ、傘下の実習実施機関で技能実習を実施する団体監理型に大別することができる。


外国人技能実習制度の全体像

※画像をクリックすると拡大します。


無料教材・DVDの貸し出し提供

当組合では、日本語を習得するための無料教材・DVDの貸し出し提供等のサポートも積極的に行なっています。







お問い合わせはこちら
お電話053-582-7718
[ 受付/9:00~17:00 ] お気軽にお電話ください!